2009年01月13日

転職の履歴書と志望動機

転職時の面接のときの質問として
「なぜこの仕事をしたいと思ったのですか?」
「なぜこの会社を選んだのですか?」
「この会社でやりたいことはなんですか?」
という質問をよく聞かれると思いますが、このときにしどろもどろしていたのではあまり印象が良いとは言えなくなります。きちんと下準備をしておいた上で面接に挑むのがいいと思います。

その下準備としてちょうどいいのが履歴書の「志望動機」ではないかと思います。


posted by 転職2 at 12:33 | 最新転職情報

2008年12月13日

就職活動の面接:クループディスカッション

就職活動で内定を得るには面接を突破しないことには不可能です。
ひとつは「クループディスカッション」です。

これは一般的には、与えられた課題について学生何人かで討論させるものです。このとき、話の主導権を握ろうという狙いで必要以上にテンションを上げて発言する人がいるものです。
しかしこれは独りよがりの行動に映ることもあります。大事なのは「周囲の状況をきちんと判断した発言ができているか」ということでしょうかね。その様子を面接官はしっかりチェックしています。

また、発言の中に物事への取り組み方を判断できる要素があるかどうかも面接官は見ています。その上で、グループの発言を吸い上げて、与えられたテーマを結論づけていく方向へ模索する姿勢の有無も判断の基準にしているようです。

posted by 転職2 at 12:47 | 最新転職情報

2008年11月01日

就職活動の履歴書封筒について

就職活動の際、履歴書を書いたのはいいが、その履歴書を入れる封筒の宛名や住所をどのような風に書くかで迷っている・・・という方も多いことかと思います。

履歴書の封筒にも様々な種類があり、履歴書セット同封のものもあれば、大学指定のものや細長いもの、また、A4サイズに対応した返信用封筒まであります。就職活動への一歩を踏み出すために、封筒の書き方や入れ方について今のうちにマスターしておきましょう。まず、封筒のサイズですが、サイズは様々なものがあります。

でも、なるべくならば履歴書は折り曲げない方が、見るほうにとっては気持ちよく見ることができますよね。ビジネス上でもこういったさりげない気遣いはビジネスマナーとして大切になると思いますよ。仮にA4サイズなら、履歴書をクリアファイルに入れ、さらにA4サイズ対応封筒へ入れて送るのが印象も良いですね。
posted by 転職2 at 15:48 | 最新転職情報

2008年10月19日

パソコンを使って就職・転職活動を効率的に行おう

昔と今の就職・転職活動で一番違う点というのは、パソコンの有無ではないでしょうか。ただ、今の学生もそれほどまではパソコンを使っていないようです。これはもったいない話ですね。

参考までにこんな活用をすればいいと思うものを挙げてみます。
まず、自己分析です。
自己PR、志望動機などエントリーシートで聞かれることはワード上に保存しておくといいと思います。ワードなら、文字数の確認もばっちりですからね。あれこれ考えるのは、パソコンよりノートのほうがやりやすい!という方もいるかと思いますが、文章を推敲するのは、ワードでやるほうが数段やりやすいです。

業界研究や企業研究に関しては、ネットで企業や関連サイトを閲覧することは当然ですね。ブックマークを業界ごとに分類していると分かりやすくて便利だと思います。さらにここは思い切って「日経テレコン」に契約してみるのはどうでしょうか。何が出来るの? ということですが、個別の企業に関係する過去の雑誌や新聞記事が簡単に集められるんです。

料金はそこそこかかりますが、例を挙げると同じゼミで1アカウントを購入してみるというのも手だと思います。OB訪問についてですが、細かいですが、礼状はメールで済ませましょう。昔のように手紙を書いていたときに比べればかなりの時間短縮ですね。

その他では、情報の共有化が手軽かつ迅速にできるのはインターネットならではですよね。ヤフーeグループ を活用して、同じ志をもつ仲間同士でメーリングリストを作成するのもおすすめですよ。ざっと色々書いてみましたが、もっとパソコンをフル活用して、効率のよい就職・転職活動をしていただくことを願います。
posted by 転職2 at 12:38 | 最新転職情報

2008年10月01日

看護師の転職・求人情報

看護師の転職・求人情報は、自分で集める必要があります。看護師の求人応報を探す方法としては、転職サイト、人材紹介会社、などがあるでしょう。転職サイトにしても、さまざまな種類があります。専門分野での求人サイトや、人材紹介会社が運営しているサイト、企業と直接コンタクトの取れるサイト、色々見て回って、自分に必要な応報を入手することが重要です。

最近では、常勤看護師より、契約社員、パート職の求人も増えてきているようです。それは、常勤であると勤務時間、日数、夜間勤務などの雇用条件が契約社員やパート職に比べてきつい場合もあったり、実際にする仕事内容も責任のあることを任せられることが多いので、それを敬遠する人が増えてきているのも背景にあるのでしょう。
posted by 転職2 at 11:00 | 最新転職情報
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。