2015年12月22日

児童福祉司と仕事

児童福祉司という、児童のいろんな問題を抱えた相談を受けたり、援助したりする仕事があります。
子供達からだけでなく、児童福祉司は、保護者からの相談も受けます。

児童福祉司の仕事内容としては、子育てやしつけの悩みとか、不登校、非行、いじめ、虐待、などといった問題に対して、調査とか、援助をしたりします。
児童相談所で働く仕事には、ほかにも心理判定員という職業もあります。

またこの問題は、児童相談所のみで解決できるものではないケースも、少なからずあります。
ケースによっては、警察や学校、医師などとの、連携が必要になってきます。
児童福祉司には、問題解決のための熱意や判断力、専門知識など、多くの能力が必要とされます。





posted by 転職2 at 11:43 | 最新転職情報

2015年06月10日

薬剤師とハローワーク

就職、再就職、転職を希望するときなど、ハローワークへ毎日のように通って求人情報をチェックする、これがベーシックな仕事の探し方です。

薬剤師についても、ハローワークの担当者もその資格を見逃すことなく、求人がくればすぐに紹介して、相談にものってくれると思います。

しかしハローワークに通っても、自分のスキルを活かせそうな職場が見つからなかったり、給与、待遇が望むものではなかったりして、苦戦するケースが多いです。
ハローワークには、薬剤師の募集求人があまりないからです。

おすすめしたいのは、転職サイトです。
薬剤師のための転職サイトは、多数あります。
この中から、口コミで人気のサイト、非公開の優良求人を多数持っているサイトを選んで、利用するのが効果的です。


posted by 転職2 at 11:57 | 最新転職情報

2015年02月21日

求人と地域

求人は、その地域に根ざした企業が多く、就職した時の通勤方法、住居などを考慮して、募集に応募するかどうか決めることでしょう。

求人情報サイトでは全国の情報が提供されていますが、自分が住んでいる地方の情報があるかどうかを、見るようにしましょう。
地域密着型の求人を、掲載しているサイトもたくさんあります。

このようなサイトが存在していることは、地域限定の求人を求めているということでしょう。
企業もその気持ちを理解して、適切な募集方法を心がけることで、社員のモチベーションを高めることができますし、社員が元気よく働くことこそ、企業にとって望ましい形です。
もちろん、利益も働きに応じて上がっていくことでしょう。
posted by 転職2 at 14:35 | 最新転職情報

2014年12月24日

保育士転職など求人の条件

保育士の転職などの求人自体は、少子化の影響で減少していますから、転職・就職の求人情報をこまめにチェックしておくことが大切です。
まずは求人情報サイトに登録しましょう。

自分が希望する地域に、どれくらいの求人があるのかを調べましょう。
保育士の場合は資格が必要なわけではありませんが、経験を持っている方が転職・就職は、容易になることは間違いありません。

まずは情報を収集し、地域限定の保育士求人情報を見てみませんか。
保育士としてのブランクがある人もいるでしょう。
育児休暇を取っているからですが、それでも経験が豊富であれば、重要な役割を果たすことができるのです。
posted by 転職2 at 11:34 | 最新転職情報

2014年08月12日

登録販売者の求人

登録販売者を募集しているのは、ドラッグストアや薬局に限った事ではなく、医薬品を取り扱いたいというお店が増えたということからも、いろんな店で登録販売者を募集されています。

登録販売者の制度化がされてから、求人誌やインターネットの求人情報の中にも、登録販売者を募集している広告を、よく見かけます。
実際にも求人数から見ますと、確かに増えています。

新制度ですから、経過を見てみなくては実際にどうなるかは、何とも言えないというのも事実でしょう。
でも、今のところは薬局やドアッグストアの他にも、大型スーパーマーケットやホームセンター、コンビニエンスストアまでもが、登録販売者を求めて、多くの募集がかかっています。
活躍の場はとても広いですよ。
posted by 転職2 at 10:44 | 最新転職情報

2014年06月18日

看護師の転職活動での臨み方

看護師は他のサラリーマンやOLと比べ、非常に時間拘束が長い職業です。
ですが、看護師の求人数は非常に多く、それこそ引く手あまたともいえる状態ですから、高額給与などあなたの希望に合った職場をしっかりと探し続けること大切です。看護師の高額求人はこちら

看護師の転職では、当り前ながら他の応募者もみな看護師資格を持っているのですから、資格があるという事は転職の武器にはなりません。転職の書類選考に残るためには、あなたの意欲や看護に対する姿勢などが他の転職希望者より上回っている必要があります。

採用担当者側からすると、看護師を雇う際に重要視されているのは、志望動機だと言われています。人それぞれに置かれた事情もあるでしょうし、環境も違いますが、条件だけを見るのではなく、やはり看護師の使命として、人のために働きたい、という看護師本来の姿勢を持ち続けて、転職活動に臨んでいただきたいと思います。
posted by 転職2 at 07:46 | 最新転職情報

2014年04月29日

どこで薬剤師は働いているのか

◆どこで薬剤師は働いているか
法改正があってから、全国で調剤薬局が一気に増えました。
薬剤師の就業者数は、医薬品小売業が約9万人、病院と診療所が合わせて約45,000人。
これでほとんどです。

従来の日本では、どこの病院でも、診察を受け、そして病院の中で薬も出してもらえました。
しかし、今はかなり少数派になってきています。
今でも院内処方をしている病院では、もちろん院内で薬剤師を雇用しています。
夜間救急対応の大病院では、薬剤師も当直勤務をしています。

それ以外の薬剤師は、製薬会社、ドラッグストア、CRA(臨床開発モニター)やCRC(治験コーディネーター)、卸売販売業、地方自治体の保健衛生関係、学校薬剤師で、一万人にもなりません。

働きやすい職場とそうではない職場があるのは事実です。
どのような職場であなたは仕事をしたいでしょうか。
転職先としてピックアップしたところはあなたの希望に合っていますか。
考えなければならないことはたくさんありますが、そのような時には、薬剤師のおすすめ 転職サイトでよく相談してください。

posted by 転職2 at 11:37 | 最新転職情報

2013年12月18日

仕事・転職で役立った資格

資格は転職・就職に、仕事に役立ったか? のテーマでアンケートをweb上で調査したそうですが、その有効回答の内、81%が女性といいますから、女性の転職とか仕事に役立った資格関係の調査結果ともいえるでしょう。
転職・仕事で役立った資格、資格取得の費用結果は参考になりました。

■派遣スタッフの約8割が仕事に活かせる資格を持っている!
仕事に活かせる資格を聞いたところ、持っている人は84%だった。持っている数では「1つ」と回答した人が28%と一番多く、「2つ」が25%、「3つ」14%の順だった。平均すると約2つ持っていると回答し、「持っていない」は16%だった。転職・再就職に活かせる資格ともいえるもの。

■資格の取得方法は「独学」、費用は「1万円以下」
資格の取得の方法としては、「独学」が36%と一番高く、次いで「大学(短期大学・高校)」が23%、「専門学校」17%の順だった。また、取得にかかった費用はテキスト購入程度の「1万円以下」が28%と一番高く、次いで「1-5万円」が23%、「5-10万円」10%の順だった。

■資格は「役に立った」66%、「役立ったと実感したことはない」25%
「資格は仕事・転職で役に立ったか」を聞いたところ「役に立った」が66%、「役立ったと実感したことはない」は25%だった。「役に立った」内訳としては、「実務で役立った」が36%、「転職の時に役立った」20%、「給料アップの役に立った」8%の順だった。

■仕事・転職などで最も役に立った資格No.1は「簿記」
持っている資格で上位にあがったのは「語学系」で36%、次いで「オフィス系」24%、「経理系」21%、「医療・福祉系」15%の順だった。なかでも、最も役に立った資格は「簿記」がトップとなり、2位に「MOUS(MOS含む)」、「TOEIC」、4位「英検」、5位「秘書」の順だった。ただし、「TOEIC」と「英検」を合わせると、語学の資格がトップとなる。(CENT Japanより)
posted by 転職2 at 13:55 | 最新転職情報

2013年09月17日

日本テレビ「さんまの転職de天職」

この番組の転職は、所謂普通の転職のイメージ(同業界への転職)とは違い、前職からガラッと職を変えた人の満足度や年収のアップダウンを聞いた内容でした。

その中でも、清原にデッドボールを投げた元プロ野球投手がパティシエになって東京の一等地にお店を出したのは立派でした。もちろん、まだスタートラインに立ったばかりなので、これからが本当の経営の厳しさを味合うんでしょうが。
それにしても、野球一筋で来た男が繊細さを求められるパティシエになれるとは・・・

やってみたい!という気持ちがあれば、前職なんて関係ないんですね。
posted by 転職2 at 18:59 | 最新転職情報

2013年05月10日

転職にも笑いと心理学を

転職をして、以前の職場のいいポイントを引き合いに出して、今の職場と比較するような発言は、あまり気持ちよく受け入れてはもらえません。
前の職場と比較するのなら、「今の職場は前よりもいい、転職して大成功」ということを前面に押し出すことです。

新参者としての心得として、以前の職場でどんなにキャリアを積んでいたとしても、新しい職場では新参者に過ぎません。
その職場ならではの仕事の進め方など、周りの人から色々なことを教えてもらわなければいけない立場です。
また、いくら能力があったとしても、周囲の手助けなしで仕事をスムーズに進めるのは簡単ではありません。

まずは、自分の能力を周りに見せ付けるよりも、笑える失敗談をするなど親近感をもたれるような話をするように心がけ、同僚との壁を取り払いましょう。
そのようにして積極的に自己開示していけば、周囲も警戒心を解いて接してくれるようになり、仕事のこと、部内の人間関係などさまざまなことを教えてくれるでしょう。

ビジネス心理学的にも「笑い」は一気に親密度を増したいときに有効な手段です。
冗談は苦手でなんて思わず、積極的に活用しましょう。
posted by 転職2 at 09:00 | 最新転職情報

2013年04月10日

医療事務への女性の転職

資格がないと就職先を見つけるのは、なかなか至難の業のようですね。
「手に職があれば、こんなに悩まないのに」と思ったことはありませんか?
これから就職しようとしている女性、いつか転職しようとしている女性、特に主婦に人気がある資格取得講座は、趣味をいかせるものや、将来 役立ちそうなものが目立ちます。
たとえば、ネイリスト・アロマテラピー・ホームヘルパー...いろんな講座がありますね。

そのなかでも医療事務常は、人気の高い仕事です。
「資格が簡単にとれるから」では、決してありません。
むしろ、専門用語なども覚えなくてはいけないので、勉強が必要です。

では、医療事務はなぜ人気があるのでしょう?
病院の診察時間というのは、ほとんどが午前と午後にわかれていると思います。
医療事務という仕事のメリットは、自分の生活スタイルに合わせて、勤務体制を選べるという面があります。
たとえ、午前と午後の勤務であっても、空き時間に家に帰り、主婦としての仕事をこなすことができますね。
posted by 転職2 at 13:45 | 最新転職情報

2012年11月05日

高収入と求人

最近は、外資金融とIT企業が高収入の代名詞となっています。
しかし、こうした業種の人たちも、他の求人に目を通すことになっているのが少なくありません。
求人では、高収入、ブームにとらわれるのは間違いでしょう。
高収入と言うと、例えば英語力を生かした仕事、優れたスキルを生かせる仕事、などのイメージですが、そうしたことにこだわるあまり、いざ、転職を考えても、なかなかそうしたものはなかなか見つかりません。

収入、高学歴、高身長という、いわゆる3高は、最近はあまりもてはやされないようです。
要は、目先の高収入にこだわらないことです。
求人を探す場合でも、自分の本当にやりたいこと、やりがいのある仕事なのかどうか、ずっと続けることのできる仕事なのかどうか、ということを考えて職探しをしましょう。
まず、今の仕事に注力することが大事です。
仕事がこなせるようになって、初めてスキルも身につくのだ、と言うことを考えなければいけません。
高収入の求人と言うものは、スキルではなく仕事の内容、やりがいを重視しましょう
posted by 転職2 at 09:00 | 最新転職情報

2012年10月12日

建築模型の資格・通信講座

◆建築模型の資格・通信講座
・住宅模型・建築模型 資格ガイドどんな仕事?
人気の趣味と実益を兼ねた、在宅ワーク型の仕事です。
住宅模型・建築模型建築物の完成イメージを的確に、また効果的に伝えるための縮尺版模型を製作する仕事。マンションのモデルルームなどでよく目にする模型などがその一例です。

・活躍しよう
模型製作の技術者は、主に住宅メーカーや建築設計事務所、工務店、住宅建築模型製作会社などで求められる人材です。
最近年、ニーズは高まり、なぜならば、模型の良さが見直され、CGの3Dイメージよりも分かりやすいということです。
確実に技能を身につけた技術者の求人も増加傾向にあります。
家事や子育てをしながら、主婦が在宅で副収入を得ているケースも多いのが特徴です。
もちろん、勤務形態は正社員、契約や派遣社員など色々あります。

・まず資格を取得しよう
建築設計の基本、図面の見方、材料・用具の使い方、パーツの作り方など知識と技能を身につけていなければ仕事はできません。
特に必要な資格はありませんが、日本デザインプランナー協会主催の「実践建築模型認定試験」を取得していれば、一定以上のスキルがあることを証明できます。
また建築業界未経験者であっても、建築模型の資格・通信講座や、スクールなどでそのノウハウを身につけ、在宅で仕事をしている人も少なくありません。
posted by 転職2 at 12:29 | 最新転職情報

2012年10月05日

求人と収入

私達が職探しをするときに、まず、一番こだわるのは、やはり、収入ですね。
どうしても、求人でも、高収入の求人を第一に探すものです。
職種、交通の便、年齢、勤務時間、休日等、条件面でも様々なものですが、やはり、まず第一の項目としては、前述の高収入かどうか、ということになるでしょう。
収入にはこだわらない、まず、やりがいのある仕事かどうかだ、という人もいますが、やはり、求人では、高収入であることに越したことはありません。

最近は、特に若い人の場合、求人では、高収入もさることながら、見た目にもこだわるようになっています。つまり、かっこいい仕事、というわけですね。
かっこよくて、しかも高収入の仕事を求める若者が増えています。
会社に勤めるのでなく、在宅ワークに関心を持つ人も増えています。
求人でも、出社せずに、在宅で高収入が得られます、という広告が多く見られるようになりました。
また、最近は求人を見ても、学歴にはこだわらずに、すぐに高収入が得られる、と言うものが目立ちます。
posted by 転職2 at 10:19 | 最新転職情報

2012年05月24日

転職の情報収集

実際に転職情報はどうやって得たらいいのでしょうか。
現在は、ネット社会です。各企業求人もホームページに掲載しています。多くの人は、インターネットの「転職サイト」で情報を得ているようです。インターネット検索でのメリットは24時間閲覧でき、多くの情報があることです。検索条件から希望条件のものを絞り込むことができます。そのまま資料請求や応募もできます。

しかし大手企業の半数は「企業のホームページ」にて求人をしています。
希望会社や希望業種が決まっている場合は、直接企業のホームページを閲覧するのがお勧めです。他にも「人材派遣会社」「転職情報誌」「ハローワーク」など多くのツールがあります。

人材派遣会社を通すと、専門の担当者がアドバイスをくれます。
履歴書の書き方や面接のやり方など適切に指導してもらえます。企業から直接派遣会社に求人があり、インターネットなどに公開されていないものもあります。人材派遣会社の利用価値はかなりあります。

「転職フェア」や「会社説明会」などにも積極的に参加しましょう。実際に担当者から話が聞けるいい機会です。
これら多くの情報の中から、自分の希望にあったものを順番に見ていきましょう。
求人情報の見方として、まずは仕事内容を第一にチェックしますよね。自分の希望する仕事内容、そして給与が希望条件を満たしていればさらにいいですね。給与については、手当等の内容もきちんとみましょう。

希望の会社を見つけたら、その会社の社訓やビジョンなどを調べましょう。面接の際、会社が求める人材像をアピールしやすくなります。会社の創業年、資本金などの基本情報をきちんとチェックしましょう。同業他社の比較をします。その会社の業界順位などを知ることで会社規模や将来性、安定性もわかります。
posted by 転職2 at 10:00 | 最新転職情報

2012年04月24日

転職の事前準備

転職活動をするにあたり、まずは自分の考えをまとめておくことが重要です。
自分がどのような仕事をしたいのか、しっかりとした考えを持つ。そうしなければその場の状況に流されてしまうからです。
自分がどんな仕事をしたいのか。

そこから自分がどのような業種、会社に入りたいかを探すことになります。
何を、どんな風に、どんな経験を活かして、どうしていきたいのか。じっくり考えて言葉にしてみましょう。
なぜ転職したいのかも重要なことです。「他にやりたいことがあるから」「今の仕事は休みがなくきついから」「給料が安いから」などいろんな理由をみなさん抱えています。その理由も条件のひとつとなります。

また同じ不満を持つような会社に就職しても仕方がないからです。
実際に紙などに書いてみると考えがまとまりやすいかもしれません。その際に、今までのキャリアや資格などをまとめておくのもいいでしょう。自らのセールスポイントとなります。自分の考え、希望がまとまったら、知人に話してみるのもいいでしょう。客観的な意見が聞け、改めて自分の考えもまとめられるからです。
周囲の転職経験者に話を聞いてみるのもいいでしょう。思いもよらない苦労話や実際の企業の面談の様子や条件、雰囲気などもわかるからです。

転職活動期間としては、長くて半年くらいがいいと思います。
通常、活動し始めてから3〜4ヶ月で就職する人が多いです。長くても半年くらいで終了しないと、だらだらと長引いて転職する気力も薄くなってしまいます。
しかし大事なことは早まった転職はしないことです。失敗しない大事な職選びのポイントです。
posted by 転職2 at 16:37 | 最新転職情報

2012年02月11日

転職探しの転職フェア

転職探しのツールとして、「転職フェア」があります。
転職フェアには、企業ブースがいくつか設置されています。
一日で多くの企業の担当者に直接話が聞けるいい機会なのです。
転職フェアには数十社、多いときは数百社の企業が集まります。

自己アピールの場所にもなります。
ここで顔を売っておけば、書類選考にも有利になるかもしれません。
経験、資格などを優遇する企業よりも「人間性」をみる企業も多くあるのです。
本来自分が考えていなかった企業の魅力を知り、自分の方向性が変わることもあります。
いろいろ話すうちに、自分がどうしたいのか自己分析することもできます。
このように転職フェアにも多くのメリットがあります。

他にもキャリアコンサルタントに相談できるコーナーが設置されていることもあります。
「職務履歴書の書き方」「面接時の注意点」など転職のポイントを教えてもらえます。

転職フェアは、企業に質問できるイベントのようなものです。
面接、選考などはありません。
また入場料などもかかりません。
固くならずに気軽に利用してみましょう。
会場に着いたら、「エントリーシート」が用意されていますので記入しましょう。
プロフィールや経歴を記載して、各企業ブースで見せるのです。
履歴書のようなものです。
会場について、どの企業ブースに行けばいいかわからないときは「マッチングガイドコーナー」を利用しましょう。
専門のガイドが経歴や希望職種など条件を聞いて、企業を紹介してくれます。
posted by 転職2 at 10:00 | 最新転職情報

2012年01月11日

仕事をしながらハローワークの活用・転職活動

ハローワークや公共機関をうまく活用しながら、キャリアアップ を賢く、転職活動していくようにしたいものですね。
例えば、受講が認められるともらえる公共職業訓練手当だとか、"自己都合退職”にされても諦めないで折衝をする方法や、雇用保険を掛けていない人でも公共職業訓練は申し込めるなど、転職活動時、知らないでそのままにしておくと本当に損をしてしまうので、ハローワークや公共機関を訪ねていただきたいものです。

意外と知られていないのですが、実はハローワークは転職・就職活動のキャリアアップの宝庫なのである。そもそもハローワークは、公共職業訓練制度などの窓口になっており、退職者のみならず、在職中の転職希望者でも相談できるのだ。

だが、大半の人は失業状態になってから雇用保険(失業保険)の手続きのため、もしくは職業紹介をしてもらうためだけに利用しているのが現状だろう。

今、社会は大きな転換期を迎えている。変化をチャンスにできるよう不測の事態に備えたい。そのためには、30代女性とか40代女性など転職や独立に向けて、仕事をしながらも、積極的に資格を取得するなど、自らが考えながらキャリア形成を行う必要がある。
(出典:日経BP社より)
posted by 転職2 at 11:16 | 最新転職情報

2011年12月25日

MRの転職

MRの転職という言葉はご存じでしょうか。
最近このMRに関する求人が増えており、転職を考えている、あるいは転職活動中の人にとっては目にする機会が多くなっているのではないかと思います。そもそもMRとは何なのか。MRはMedical Representativeの頭文字をとったもので簡単に言うと医薬品メーカーの医薬情報担当者のことをさします。

MRが行う説明は、医師が患者に投与する薬の決定に少なからず影響を与えます。
このため間接的であるにしても、人の人命に関わることになります。MRには豊富な知識や高い能力が必要とされるばかりではなく、人としての倫理性が問われることになるわけです。
自分よがりの説明になったり、製品に対する知識や自覚が不足しているようでは、医師の信頼を得ることは出来ず、本来のMRとしての役割を果たすことはできません。
posted by 転職2 at 10:10 | 最新転職情報

2011年09月17日

自分に合った仕事を見つけよう

40代というのは、ある程度の会社の中ではマネージメントを行っていると考えられます。
転職する場合でも求人する企業側はマネージメント能力を期待していることが多いでしょう。

転職に対する考え方が以前と比べると大きく変わってきていますから、転職希望者も増加しているといえるでしょう。
それは、同時に求人する企業も増加しているということが言えますから、転職する立場で考えればよい環境といえるでしょう。
さまざまな企業の中から自分に合った仕事を見つけるように頑張りましょう。
posted by 転職2 at 15:38 | 最新転職情報
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。