2013年12月18日

仕事・転職で役立った資格

資格は転職・就職に、仕事に役立ったか? のテーマでアンケートをweb上で調査したそうですが、その有効回答の内、81%が女性といいますから、女性の転職とか仕事に役立った資格関係の調査結果ともいえるでしょう。
転職・仕事で役立った資格、資格取得の費用結果は参考になりました。

■派遣スタッフの約8割が仕事に活かせる資格を持っている!
仕事に活かせる資格を聞いたところ、持っている人は84%だった。持っている数では「1つ」と回答した人が28%と一番多く、「2つ」が25%、「3つ」14%の順だった。平均すると約2つ持っていると回答し、「持っていない」は16%だった。転職・再就職に活かせる資格ともいえるもの。

■資格の取得方法は「独学」、費用は「1万円以下」
資格の取得の方法としては、「独学」が36%と一番高く、次いで「大学(短期大学・高校)」が23%、「専門学校」17%の順だった。また、取得にかかった費用はテキスト購入程度の「1万円以下」が28%と一番高く、次いで「1-5万円」が23%、「5-10万円」10%の順だった。

■資格は「役に立った」66%、「役立ったと実感したことはない」25%
「資格は仕事・転職で役に立ったか」を聞いたところ「役に立った」が66%、「役立ったと実感したことはない」は25%だった。「役に立った」内訳としては、「実務で役立った」が36%、「転職の時に役立った」20%、「給料アップの役に立った」8%の順だった。

■仕事・転職などで最も役に立った資格No.1は「簿記」
持っている資格で上位にあがったのは「語学系」で36%、次いで「オフィス系」24%、「経理系」21%、「医療・福祉系」15%の順だった。なかでも、最も役に立った資格は「簿記」がトップとなり、2位に「MOUS(MOS含む)」、「TOEIC」、4位「英検」、5位「秘書」の順だった。ただし、「TOEIC」と「英検」を合わせると、語学の資格がトップとなる。(CENT Japanより)
posted by 転職2 at 13:55 | 最新転職情報
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。